ゆるせどで副収入を目指す、その実践記録

せどログ*主婦のせどり実践記

Amazon出品への険しき道。商品梱包編②

更新日:

本

いよいよ、仕入れで集めた本を梱包し、FBAへ納品する準備を始めようと思い立った時のことです。

出品者登録し自己発送される方は、梱包は購入注文が入ってからでも遅くはないです。

ですが「ゆるせど」のやり方で、古本販売で副収入を・・・と考えている方なら
自宅に何百冊もの古本の在庫を抱えるのは、現実的には難しい話です。
ですので、本の保管も含めFBAを利用することが大前提。
そのFBAへ納品するまでの準備編、その1の話です。

Amazonではご存知の通り、1商品につき
値段のすぐ横に、コンディションを表示(「新品」~「中古」の程度まで)し
細かい状態は、それぞれに記載していきます。
(どれもこれもコピペみたいな方もいますが、それじゃあ購買につながらないと思います)

中古だと分かって購入してくれた方であっても
手元に届いた時
新品並みにキレイだったら嬉しいし
薄汚れた感じだとそれだけで満足度が下がると思われます。

人の第一印象と同じで、本の表紙ってとても大事です。

ですから「ゆるせど」マニュアルでも
梱包前に本の顔である表紙のクリーニングは行うよう書かれてあります。

手元に届いた時に「買ってよかった!」と思ってもらえるように
キレイにしておこう!と奮闘しましたよ。ぶっちゃけ想像以上に大変でした。笑

 

古本の値札はがし

 

値札

まずは古本ですので、値札シールが付いているのをきれいにはがさないといけません。

この値札シールはがしって、なかなか面倒。ε=(・д・`*)ハァ…

爪を立てて無理にはがすと本が傷ついたり、キレイにはがれず糊が残ったりします。
どこに貼ってあったか分からないくらいにはがすのってなかなか難易度高いです。

簡単な値札シールのはがし方を3種類ご紹介。

 

① シール剥がし液

100均などに売っています。(ライターのオイルでもOK。有機溶剤で剥離する方法です。)

本格的な剥離液(ラベル剥がし)は文具売り場でもっと値段がしますが、これで十分かと思います。

我が家には柱や扉など、どこにでもシールを貼りたがる子供がいますので、すでに家に常備してあったものを使いました。
「ゆるせど」でもこの方法を推奨されてます。

我が家のシールはがし液には
使用できる下地に「本」という記載はないし、今までも経験がなかったので
家にある本にシールを貼りなおして試してみました。
結果、液の付け過ぎは、本の変色や破れの可能性がありそうでしたので
付け過ぎないよう気をつけて行いましたよ。

方法は簡単。
値札シールに綿棒の先にはがし液を浸してシールに塗布、数分後にヘラを使ってめくります。
ヘラを本に強く当て過ぎないように注意してくださいね。

 

② ウェットティッシュ

アルコールタイプのウエットティッシュで値札シールをこすり、ふやかした後に
ティッシュペーパーでゴシゴシとこすり取ります。

シンプルな方法ですが結構取れます。
ただ表紙の材質によっては、濡らした上に力をかけると良くない
紙製やざらざらした材質の本もありますので、その場合は③の方法ですね。

 

③ ドライヤー

値札シールに集中して温風をあてて、その後に剥がします。
温めることで、シールの糊の粘着力が弱くなり端がペロッとめくれあがってきます。

あまり長く近い距離で当て過ぎないで、一度ではがれなかったら
ちょっと間を開けて再度ドライヤーをあてると良いです。
少し手間と根気がいります。笑

 

古本のクリーニング

アルコール除菌のウエットティッシュでちょっと抑え気味に拭くとそれだけでかなりきれいになります。

「もうひと手間かけたい」「頑固に汚れている所がある」という時には
弱アルカリ性の洗剤くらいに希釈した液剤を作って
古布などに(マイクロファイバーの布なら、なおいいようです)吹きかけて
その布で本の表紙を拭くときれいになります。

 弱アルカリ洗剤で手っ取り早いのは台所の食器洗剤ですね。 

ただ表紙の材質に注意がいります。
ツルツルした材質なら見違えるほどきれいになります。
が、濡れることで波打ってしまう可能性があるような紙の表紙はやらない方がいいと思います。

 

古本を袋に梱包

やっと、本を梱包していきます💦

購入注文があったらFBAで最終の発送は代行してもらうのですが
Amazonの倉庫で注文が入るまでの保管中に商品の状態が悪くなってはどうしようもありません。
「傷、水濡れ、汚れ」防止のため、
それぞれの商品(本)に発行したラベルを貼るため、
袋に入れて梱包する必要性があります。

その際、絶対必要なもの。

OPP袋(透明のツルツルした袋)
セロファンテープ

メルカリなどの個人売買とは違って
Amazonで本を買う人は業者から買っていると考えている方も多いはずですので
普通のポリ袋に入れてテープでピピと止めるだけだと
なんだか生活感が垣間見えて「んん・・・??」となる可能性があります。

私もヤフオクでハンドメイド商品を売っていた時、
最初は訳も分からず、リサイクル包装して発送をしていましたが
新品の手作りの品をリユースの袋に包装することで商品価値を下げてしまいそうで
途中からOPP袋+外袋は購入して用意してました。

古本

以前、登場したこの雑誌も
見つけた時は結構長く古本屋に置きっぱなしだったのか、ちょっと埃っぽく、色もくすんでました。

きれいにクリーニングしてOPP袋でピチッと梱包したらかなり小綺麗になりましたよ。(自画自賛?!)
「OPP袋」で安いところは100枚程度の少ない単位ならロハコ、500枚とか単位が増えてくると楽天が私が今まで利用した中では最安で買えそうでおススメです。
もちろん、まとめ買いの方が1枚単価は下がります。

そしてテープ止めの時、通常のナミナミカットが気に入らなくて
はさみで切ってたんですが「面倒だなぁ・・・」と思ってたら
ホームセンターでまっすぐ切れるテープカッターを見つけたので新調しました。
新しいテープカッターは切れ味も抜群で、そういう細かい作業のプチストレスが軽減できたいい買い物でした☆

 

まとめ


この一連の作業、思った以上に時間がかかります。

でも、「ゆるせど」販売者の永峯さんは1冊1分くらいでこなすそうです(神業~💗)
確かに、こういう梱包作業などに時間をかけるのは本来は無駄ですが
最初のうち、コツをつかんで慣れるまではしょうがないのかな、と思います。

誰の手元に届くか分からないですし、届いた方に喜んでもらえるような丁寧な梱包が求められると思います。

ここで今回、発送する予定の本を全て一気にダダ―ッツと梱包してしまった私。
ですが後に商品登録する時に細かいコンディションを記載する時点で
「あれ、この本ってどうだったっけ??」というのが出てくるんですよーーー(TωT)エーン!!!
で、結局何冊かはコンディション確認のために
せっかく梱包したOPP袋をまた開封する羽目になりました~(。ノω\。)゚・。バカバカ

ということでFBA、自己発送にかかわらず
Amazonの商品梱包作業は商品登録が終わってからがベストです!

 

私が実践しているせどり「ゆるせど」

 

Copyright© せどログ*主婦のせどり実践記 , 2021 All Rights Reserved.