ゆるせどで副収入を目指す、その実践記録

せどログ*主婦のせどり実践記

せどり仕入れに行ってありえない失敗をした話

更新日:

せどり,購入

仕入れに行っていると、店内にいるあの人もこの人も仕入れに来てるんじゃないか?と
錯覚してしまう勘違い野郎のりょんちです。
(おそらく普通に買いに来ている人が大半だと思われます。笑)

今回は先日、仕入れに行った時の失敗談です。
仕入れをするのに意外なことがハンデとなりました。
同じような失敗をされることのないよう、気をつけて頂きたいと思い、恥ずかしながら暴露します。

仕入れでハンデになるものって?

私はプロフィールでも紹介しているように、アラフィフでして
元々のド近眼に老眼もプラスされるようになってきている微妙なお年頃。
近くも遠くも見にくい、という厄介な状態です。

普段、日中はコンタクトレンズを装着してるんですが、近くを見る時は老眼鏡もしくはピントが合うところを近づけたり離したりして模索。
コンタクトを外してしまうと、何もかもがモザイクをかけているかのようにしか見えなくなるので近視の眼鏡を寝る直前までかけるんですが、手元のものを見る時はそのメガネは邪魔モノとなり頭頂部のお飾りになります。(/。\)イヤン!
老眼がひどくなった時は、この不自由さに絶望的な気持ちになりました。
(若い方には全然、実感のない話でごめんなさい)

洋服の購入などの時に付いている大きな値札タグとは違って、
本や文具などについている値札って元々小さいですよね。
ブックオフの値札も、普通の規格サイズです。

視力がこんなですので、仕入れに行く時は小さな値札の数字を見間違えないように細心の注意を払っています。

というか、そのつもりだったのですが・・・・というハプニングが起きました。

 

まさかの値付け、見間違え!

いつものように上から順にツラツラ―ツと眺めていて
何となく手に取った1冊の本。
リサーチにヒットしたわけではなかったのですが
何となく「これ、売れるかも・・・。」と思い、Amazonやモノレートで確認。

「これは、なかなかいい値段で売れそう!!初のお宝本、ゲットだぁ💗」と
小躍りしたくなる気持ちを押さえつつ、他も探していたのですが
「もうお宝本を収穫できたし帰ろうよ。」という私の中の(老体という)悪魔のささやきに負け、会計コーナーへ。

商品を置き、財布から100円玉を出して待っていたら

「お客様、申し訳ありません・・・。こちらの商品は100円ではなく1000円です。見にくくてすみません。」

え・え・えーーーーー?!!」Σ(・oノ)ノと、私。
確かにね、他の本の値札に比べかなり印字が薄くて見にくかったので
少し気になって遠近法を駆使して値札を確認してたんです。
でも、せどりビギナーの私は1000円の古本雑誌なんてほぼ存在しないだろうと思ってたんです。
勝手な思い込みです、ほんとバカでした。

「どうされますか?止められますか?」と聞かれ

はい、止めときます。ごめんなさい。と言って帰りかけたけど

やっぱり買います。と結局1000円で購入してしまいました。

「こんな見にくい値札つけて・・・買うから、ちょっとまけて(安くして)ください。」とは言えませんでした。
立派な大阪のおばちゃんですけど・・・まぁ、当たり前か💦

でも、もしかしたら値切れたのかな・・・
いや多分ブックオフのような店舗では無理だったでしょうね。

その本がこちらです。⇩ダンディな紳士の微笑みショットが魅力的な一品💗
せどり

5・6年ほど前の雑誌なんですが、そこそこ売れているみたいなので
自分が売る時の値付けを甘くすれば、売り切れるでしょうけど、FBA手数料がかかるので
仕入れ値1000円+FBA手数料800~900円+利益500~600円くらいは欲しいとなると
2300~2500円では売りたいんですが、さてどうなるでしょうか???

また今度、売れた際には結果報告しますね。(高値で売れるよう祈っててください~)

 

思い込みには注意しよう

思い込み
普段の買い物で、こんなミスは一度もしたことはありません。
なんせ家計を預かる倹約主婦ですから、桁を間違えるなんてありえません

今回、視力が悪くて気をつけていたにもかかわらず、こんな大失敗をしてしまいました。
値札シールが見にくかったらその場で店員に聞くべきでした。

そして「思い込み」には気をつけないといけないな、と痛感しました。
今回は勝手に「1000円の古本はないだろう」と自分基準で決めつけたことによるミスです。

せどりの件に限らず、
目まぐるしく変化し進歩する情報社会や、コミュニケーションの際の「思い込み」なども
正しい情報・新しい情報や相手の思いなどを理解しようとせず、過去の自分の経験則だけで判断し決めつけてしまう、ということをやってしまいがちです。

自分が知っていること以外の世界の方が広いんだ、ということを意識して、色んな視点を持つ・別の可能性を考えるクセをつける
これ大事ですね。

今回、この本で利益が取れなくても、いい勉強させてもらった勉強料と思うことにします。

 

Copyright© せどログ*主婦のせどり実践記 , 2021 All Rights Reserved.